企業で積極的に導入されている自動制御装置の魅力

  1. ホーム
  2. メリットを把握する

メリットを把握する

女性

新電力の知識

新電力は、一般電気事業者とされる大手電力会社とは別の特定規模電気事業者の事です。特定規模電気事業者はPPSとも略され、1995年に制度改革された電力卸売自由化によりスタートしたものです。1999年からは特別高圧小売り自由化、つまり法人向けの特定規模電気事業者であるPPSが解禁されて現在に至ります。2016年からは一般家庭への電力小売り自由化が始まっていますが、これら新しく参入した電力の小売業者がPPSです。PPSにするメリットとしては、電気料金の値下げですが、一方で化石燃料や原子力によって発電された電気ではなく再生可能エネルギーで発電された電気を購入するといった電気の選択も行えるようになっています。

法人が利用するメリット

PPSのメリットとしては契約の内容によっては電気料金を引き下げる事ができます。特に法人向けの高圧電気であればあるほど一般電気事業者よりも有利な価格で利用が可能です。またそれまでの電気料金の仕組みとは異なってニーズにあった電力利用が可能になります。特に季節や時間帯によって電力消費量が増加するような場所には、必要な時だけ電気を供給する事で無駄な電気料金、特に基本料金を引き下げる事ができます。このため電気料金の負担を引き下げたい法人にとっては選択肢が増えるメリットがあります。またPPSは電力を売るだけでなく買取も行っており、買取価格でもPPSの方が強みがあるケースもあり、自前の太陽光発電などで発電された電気を高く売ると行った事も出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加